« かぜに効くもの | トップページ | 母親の血液から胎児の情報 »

冷凍ギョーザと有機リン中毒

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件はひどいものです。厚生労働省では、1月5日に兵庫県において1家族3名、1月22日に千葉県において1家族5名の有機リン中毒の疑いがある事例が発生したと発表しました。共通して発症直前に、中国から輸入した冷凍ギョウザを食べていたことがわかって今回の大きな騒ぎになりました。

驚くべきことは、有機リン中毒であったことです。有機リンはコリン作用により副交感神経刺激効果があり、神経伝達するアセチルコリンを阻害するアセチルコリンエステラーゼを分解します。通常は殺虫剤に入っており、自殺に使用されることがあります。サリンと同じ症状を呈します。有機リンが含まれているギョーザを食べてしまうという恐ろしいことが、今回起こったわけです。

有機リン服用における症状としては、下痢や嘔吐はあまり頻度の高い症状ではないのですが、口から摂取したために、味がおかしい、下痢や嘔吐がひどいとなったのではないでしょうか。医療機関としては、かぜとインフルエンザ、ノロによる食中毒が流行ってきましたので、冷凍食品により有機リン中毒であるどうかは、今回の事件まで、鑑別診断にありませんでした。

有機リン中毒と断定するには吐物・便・食べ物から特殊な検査で有機リン中毒を検出することが必要です。しかし、日常診療の現場では食中毒の症状に加えて、有機リン中毒に特徴的な倦怠感や縮瞳などの症状が見られたら、血液(血清)中のコリンエステラーゼを測ってみて、低下していれば、有機リン中毒を疑うようにします。子どもが犠牲になるのは大人の責任です。早急な改善と解決を望みます。

« かぜに効くもの | トップページ | 母親の血液から胎児の情報 »

「医療問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53925/10185373

この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍ギョーザと有機リン中毒:

» 「有機リン中毒」についての最新ブログのリンク集 [話題のキーワードでブログサーチ!]
有機リン中毒 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… [続きを読む]

« かぜに効くもの | トップページ | 母親の血液から胎児の情報 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ